しょう

石踊 達哉いしおどり たつや  (Tatsuya Ishiodori)

創画会春展春季展賞・両洋の眼展河北倫明賞・金閣寺客殿天井画

彩美版®シルクスクリーン手摺り・軸装   限定300部   版元シール  
画寸(縦x横): 45.4 x 52.8 cm
額.軸寸(縦x横): 141.0 x 73.5 cm
作品状態:良好

  • 販売中
数量
在庫数: 2

¥ 176,000 (税込)

加算ポイント:8,000pt

作品概要

 昇りくる日輪を背景に、大空を飛翔する群鶴の雄姿、眼下には伝統的な青海波に動勢を加えた逆巻く波濤、広い空間を埋め尽くす金箔の輝き——象徴的な空間構成に、江戸時代の琳派が得意とした装飾性を鏤めた吉祥尽くしの華麗な秀作である。
 伝統は快い揺籠である。どの国の画家もまずは揺籠で育つ。同じ血を持つ先人たちが磨き上げた籠なら、居心地の悪いはずはない。しかし、いつかは巣立たねばならない。片足を籠に残すか、両足で踏み出すか、決断の時が来る。揺籠から見た景色は、遠いほど美しく輝いて見える。多くの画家が虹の彼方を目指して羽ばたいて行く。
 いま日本の伝統美の森の中で、キラキラ光っている石踊達哉さんも、パリの空へ夢を託して飛び立った一人である。美術の大陸に林立する巨木に圧倒されながらも、人体の美を追求し、パリにアトリエを構えるまでに至った。
 画家自身の言葉によれば「人物を中心にした作品を描きながら二十年間もの苦悩の挑戦は続いた」が、異国での時間が長くなるほど、日本画の持つ装飾性、象徴性に惹かれていく自分を発見する。石踊さんの日本美回帰が始まった。だが、この回り道で得たものは大きかった。滞欧中に研ぎ澄まされた強固な構築性や透徹する装飾美は、瀬戸内寂聴の『源氏物語』という大舞台を得て一気に開花し、その地歩を揺るぎないものにした。
 この「翔」は、平成の琳派と言われる石踊芸術の特色が遺憾なく発揮された作品である。


彩美版とは?
画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法です。彩美版®の特徴は最新のデジタル加工処理技術と高精度プリントにより、作品のもつ豊かな色彩や筆使い、原画の持つ芸術的鼓動までも再現しています。その完成度の高さから最近では版画のカテゴリーとして認識されています。
トーキョウアートでは版画としてカテゴリー検索されます。

石踊 達哉1945年(昭和20年)~

経歴

1945年 旧満州に生まれる(現中国東北部)
1970年 東京藝術大学大学院修了
1975年 春季創画展に出品(76年春季展賞受賞)
1977年 山種美術館賞展に出品(同79年)
1990年 両洋の眼展に出品。(以降2009年まで連続出品)
1991年 現代日本絵画展に出品(北京・故宮博物院)
1995年 日伊文化アカデミアの展覧会に出品(イタリア・スペロ)
1996年 瀬戸内寂聴現代語訳「源氏物語」全十巻(講談社)全五十四帖の装幀画を担当
1998年 瀬戸内寂聴と「源氏物語」展に描き下ろし装幀画原画を出品(高島屋東京店他。「源氏物語絵詞」絵:石踊達哉×詞:瀬戸内寂聴 を出版(講談社)。「石踊達哉画集」を出版(講談社)
1999年 増上寺天井絵展に出品(日本橋三越店他)バラを謳う日本画・洋画百人展(高島屋東京店)
2000年 Les Mille Lunes du Prince Genji 石踊達哉展(フランス パリ・三越エトワール)
2001年 Contes d’ici et de l’au-delà展にパリ・ギメ美術館所蔵源氏絵などと「石踊源氏絵」5点を展示(フランス ニース・アジア美術館/アルプ・マリチム県立美術館)。パリ・ニース帰国記念展。石踊達哉の視線古典と未来がつながる瞬間(日本橋三越本店、三越福岡店)
2002年 松本市美術館開館記念特別展 山笑ふ 岳都からの美的好奇心(松本市美術館)。薬師寺展に散華を出品(日本橋三越本店他)。伝統の秘める前衛 石踊達哉展(韓国・国立現代美術館)。特別展「日本のかたち―文様―」(三重・ 式年遷宮記念神宮美術館)
2004年 石踊達哉「屏風の世界」展(日本橋三越本店、大丸京都店、三越名古屋栄店)
2007年 色彩の雲水よ永遠に 鹿児島が生んだ日本画家 石踊達哉展(鹿児島・鹿児島市立美術館)。石踊達哉展 華麗なる色彩の舞―(群馬・高崎市タワー美術館)。金閣寺方丈杉戸及び客殿格天井画を制作(京都・金閣寺)。高島屋美術部創立百年―時空を越えて―石踊達哉展(高島屋東京店他6会場)
2008年 特別展 火―歌会始御題によせて―に出品(伊勢・式年遷宮記念神宮美術館)
2009年 回向院市川別院本堂 阿弥陀三尊仏後壁画 「青海波」を制作
2010年 三十三間堂本坊妙法院門跡 普賢堂普賢延命菩薩像仏後壁画。「清浄蓮華」を制作。「趣味の園芸」(NHK出版)に「源氏物語の花々」文・瀬戸内寂聴×絵・石踊達哉連載開始(全19回)
2011年 三十三間堂本坊妙法院門跡 瑞龍殿障壁画 32面を制作。三十三間堂本坊妙法院門跡 障壁画完成記念 石踊達哉展(日本橋三越本店他3会場)
2013年 両国回向院念仏堂 格天井画40点を制作
2014年 「3・11以降」時空を超えて― 石踊達哉展at相国寺承天閣美術館(京都・相国寺承天閣美術館)。バカラ創設250周年記念特別企画として「青海波」の花器、グラス数点を制作
2015年 ―琳派創生400年― 東洋と西洋、両洋の眼で織りなす花鳥諷詠 石踊達哉展(東武百貨店池袋店)瀬戸内寂聴展〜これからを生きるあなたへ〜に石踊源氏絵10点を出品 (長崎県美術館)。「吉祥図」展(高島屋東京店他)
2016年 THE WORK OF TATSUYA ISHIODORI 石踊達哉全仕事 全4巻(求龍堂)。芸術際十月大歌舞伎の筋書を担当(歌舞伎座)
2017年 画集・石踊達哉全仕事 全4巻 配本完結記念。石踊達哉展(日本橋三越本店・名古屋栄三越)
2019年 阿弥陀如来立像 大幅軸奉納(両国・回向院)
現 在 日本美術家連盟会員

お知らせ
  • 無料会員登録すると5,000円分のポイント進呈!

    2019/03/20

    画像

  • 新着作品を特別価格でご提供!-アートギャラリー No.260

    2021/01/13

    画像

  • 年末年始休業のご案内

    2020/12/23

ギャラリーご案内

営業時間

10:00〜18:00
(休日:土・日・祝日)

お問い合わせ

0120-88-56360120-88-5636

アクセス

東京都新宿区新宿3-8-9
平生ビル8階

■JR新宿駅 東口 徒歩6分
■丸ノ内線/都営新宿線/副都心線
 新宿3丁目駅 C5 出口前

map
画像

作品を実際に見てお選びいただけます。ギャラリーにお越しくださいませ。事前にご連絡いただければ土日も開廊致します。

検索ガイド

作品検索

作品名を検索、作家名、カテゴリー、種類、イメージタイプ、価格帯、横幅(額.軸.本体)、高さ(額.軸.本体)、号数(相当)、販売状況、キーワード検索、組み合わせで検索することができます。
カテゴリーのみ、価格帯のみ、を条件にして検索することもできます。

作品名を検索

入力した文字が含まれる作品名の検索ができます。
(例)「春」を入力すると「春日」「長春花」など作品名に「春」が含まれる作品が検索できます。

作家名

該当作家の作品リストが表示されます。

カテゴリー

[日本画] [掛軸] [洋画] [彫刻] [工芸品] [その他] の分類で検索できます。
*書については、額装してあるものは日本画に、軸装のものは掛軸に分類しています。

種類

[本画] [版画] [複製画] の分類で検索できます。
*本画 - 作家自身が自筆で描いた1点もの。
*版画 - 原画をもとに版を作り、限定数を決めて制作されたもの。
*複製画 - 印刷やプリンターなどの技術を用いて制作されたもの。

イメージタイプ

[風景] [人物] [鳥] [花・植物]などのモチーフやテーマで検索できます。

価格帯

ご希望の予算に応じてお買い求めいただける作品を検索できます。

横幅(額.軸.本体)

作品自体のサイズではなく、額や軸、彫刻などの全体のサイズから作品を検索できます。
*お部屋に飾る際の参考にしてください。

高さ (額.軸.本体)

作品自体のサイズではなく、額や軸、彫刻などの全体のサイズから作品を検索できます。

号(相当)

号相当の画寸より作品を検索できます。

販売状況

[販売中] [売約済] [取り寄せ] [制作依頼] で 検索できます。
*お届けまでの日数は、 [販売中] は 1週間程度、[取り寄せ] は2週間程度、 [制作依頼] は1か月程度を目安にしてください。

用語解説

木版(凸版)

凸版形式を代表する最も古くから使われている技法。
版木の種類により、板目木版と木口木版画ある。
さらに浮世絵に代表される多色刷木版がある。

リトグラフ(平版)

石版画。石灰石や金属板に油性の解墨・鉛筆などで絵を描き、その上から滑石粉末を撒布し更に少量の硝酸を加えたアラビアゴム液を塗ると絵が浮き出て、それを紙に写しとる技法。

エッチング(凹版)

銅版画法の一種で、一番古い間接的凹版。
銅板の表面を松脂と蠟の混合物で作った耐酸性の防触剤で覆い、その上に彫刻針で絵を描き、銅板の裏側と、へりに耐酸性の蠟を塗って硝酸に浸して版を作る。

シルクスクリーン(孔版)

木枠に張った絹またはナイロンの上にフィルムを張り付けたり、絹に観光液を塗布して写真を投影してからスクィジーでインクを定着させる技法。
紙のほかガラス、金属などにも印刷できる。
最近ではセリグラフと伝われている。

ジークレー

デジタル・リトグラフとも言われ、最新のコンピュータ技術を使った技法。
ジークレーはフランス語で「インクの吹き付け」を意味し、スキャナーで読み取った原画をインクジェットプリンターで版画用紙にインクを吹き付けることで再現する。
細密性、保存性に優れている。

エスタンプ

原画を刻り師が模刻した「複製版画」で、版画独自の価値を表現するために作家自らが製版したオリジナル版画とは区別される。

エディション

完成した原版で刷った部数。
10/50のように、分母に限定部数、分子に一連の当該番号を記入し、画面の左下に表示するのが普通である。
その他に、
A.P(Artist proof)作家用(約25部)
P.P(Present proof)贈呈用(約20部)
H.C(Hors Commerce)非売用(約5部)
などがある。

紙本/絹本

紙本とは紙に描かれたもの、絹本とは絹に描かれたものを指す。