荻須 高徳

HOME >> 商品一覧 荻須 高徳 >> パリ5影 クロワッサン通り(緑の壁)

パリ5影 クロワッサン通り(緑の壁)

荻須 高徳

文化勲章・文化功労者、フランス ドヌール勲章・サロン ナショナル デ ボザール会員

パリ5影 クロワッサン通り(緑の壁)
作品名パリ5影 クロワッサン通り(緑の壁)
作家名荻須 高徳
技 法リトグラフ E.A 作者直筆サイン
状 態画寸法 54.7×45.6cm 額寸法 84.4×76.8cm 作品状態良好
備 考売約済

他の画像を見る

荻須 高徳 経歴 1901年(明治34年)〜1986年(昭和61年) 

1901年 荻須高徳愛知県に生まれる。
1927年 東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業。渡仏。
1928年 モンパルナスのアトリエに居を定める。
初めてのサロン・ドートンヌに2点を出品。
1931年 サロン・デ・チュイルリーに招待されて出品。
1936年 サロン・ドートンヌ会員に推挙される。
1937年 パリ万国博覧会美術展に「ガラージュ」を出品。
1940年 13年ぶりに帰国。新制作派協会に会員として迎えられる。紀元二千六百年奉祝美術展に「モンマルトル裏」を出品、文部省買い上げとなる。
1948年 再渡仏、以後在住。
1953年 フランスの美術批評家協会からポピュリスト絵画賞を贈られる。
1954年 「ヨーロッパ画壇における活躍と日本美術界への貢献」に対して第5回毎日美術賞(特別賞)を贈られる。日本外務省から日仏文化協定混合委員を委嘱される。
1955年 神奈川県立近代美術館で荻須高徳展が開催される。
愛知県立文化会館美術館で荻須高徳展が開催される。
1956年 パリ市立近代美術館の「フランスと世界の画家展」に出品。ブリジストン美術で荻須高徳展が開催される。フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を授与される。
1965年 毎日賞受賞記念大荻須高徳展(東京などで開催)。
1967年 ムルロー工房で最初のリトグラフ(石版画)制作。
1968年 サロン・デ・ザルッティスト・アンデパンダンに出品。
1970年 トルーヴィル国際ビエンナーレに出品。
1971年 神奈川県立近代美術館にて萩須高徳展開催。
1974年 パリ市より、メダイユ・ド・ヴェルメイユを授与される。
1978年 ブーローニュの森にあるシャトー・ド・バガテルでパリ市芸術活動委員会主催に「パリ在住50年記念大回顧展」開催される。
1981年 フランス造幣局が彫刻家ルネ・コラマリーニに荻須高徳のメダル制作を依頼。文化功労者として顕彰される。
1983年 生地の愛知県稲沢市に稲沢市荻須高徳記念美術館が開館する。
1986年 荻須高徳パリのアトリエにて死去。文化勲章受章。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問