十三代 酒井田 柿右衛門

HOME >> 商品一覧 十三代 酒井田 柿右衛門 >> 濁手 梅竹文水指

濁手 梅竹文水指

十三代 酒井田 柿右衛門

重要無形文化財総合指定

濁手 梅竹文水指
作品名濁手 梅竹文水指
作家名十三代 酒井田 柿右衛門
技 法磁器・水指 作者直筆箱書署名落款
状 態寸法(天地×直径)・重量 18.6×14.4cm・1.1kg  作品状態良好
備 考売約済

他の画像を見る

十三代 酒井田 柿右衛門 陶歴 1906年(明治39年)〜1982年(昭和57年)

1906年 十二代柿右衛門の長男として出生。
1924年 佐賀県立有田工業学校製陶科卒業。
1949年 この頃より江戸中期より途絶えていた濁手素地の研究に着手。
1953年 復元に成功。
1955年 文化財保護委員より無形文化財の記録選択を受ける。
1963年 十三代柿右衛門を襲名。
日本伝統工芸展入選(以後連続入選)、一水会展委嘱出品。
1966年 佐賀県重要無形文化財の指定を受く。
佐賀県文化功労者として知事表彰。
1969年 新宮殿御用飾付品として壺一対を調製する。
1970年 サンパウロ日本館展示品として壺(外務省買上)。
1971年 重要無形文化財国家総合指定を受く。
オランダ日本大使館展示品として陶額(外務省買上)。
1972年 紫綬褒章を受ける。
1974年 迎賓館展示品として壺を調製する。
1975年 西日本文化賞受賞。
1978年 勲四等旭日小綬章を受ける。
1979年 佐賀新聞文化賞受賞。
赤坂離宮で催された春の園遊会に天皇陛下よりご招待御下問を受ける。
1982年 7月3日逝去。
有田町名誉町民に推挙。
日本工芸会正会員、一水会陶芸部審査員、佐賀県陶芸協会会長

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問