十三代 今泉 今右衛門

HOME >> 商品一覧 十三代 今泉 今右衛門 >> 色鍋島 草花更紗文花瓶

色鍋島 草花更紗文花瓶

十三代 今泉 今右衛門

重要無形文化財保持者(人間国宝)

色鍋島 草花更紗文花瓶
作品名色鍋島 草花更紗文花瓶
作家名十三代 今泉 今右衛門
技 法磁器・花瓶
状 態寸法(高×径)・重量 31.5 ×20.5 cm ・ 2.9 kg
備 考売約済

他の画像を見る

十三代 今泉 今右衛門 陶歴 1926(大正15年)〜2001(平成13年)

1926年 12代今泉今右衛門の長男に生まれる。
1949年 東京美術学校(現:東京藝術大学)工芸科卒業。
1958年 佐賀県展にて最高賞受賞。
1963年 一水会陶芸展にて「一水会会長賞」受賞、一水会陶芸部会員推挙。
1965年 日本伝統工芸展にて「日本工芸会会長賞」受賞、日本工芸会正会員推挙。
1975年 12代死去により、13代今泉今右衛門を襲名。
1979年 東京国立近代美術館主催「近代日本の色絵磁器展」に出品。53年度日本伝統工芸展出品作「色鍋島薄墨草花文鉢」を文化庁買い上げ。日本伝統 工芸展NHK会長賞受賞。佐賀県芸術文化賞受賞。
1981年 日本陶芸展最優秀作品賞(秩父宮賜杯)受賞。日本工芸会西部支部幹事。 長となる
1982年 佐賀県陶芸協会会長に推挙される。日本伝統工芸展鑑査委員となる。(同83年)
1985年 日本伝統工芸展鑑査委員となる。
1986年 紫綬褒章受章。佐賀県政功労賞受賞。佐賀新聞文化賞受賞。
1987年 日本工芸会常任理事に推挙される。日本伝統工芸展鑑査委員となる。
1988年 毎日芸術賞受賞。第1回MOA岡田茂吉賞受賞。
1989年 重要無形文化財個人指定(人間国宝)に認定。ポルトガル、リスボンにて個展。日本陶磁協会金賞受賞。
1991年 佐賀県庁県民ホール陶壁作成
1992年 国際陶芸アカデミー名誉会員に推挙される。
1993年 佐賀県立有田窯業大学校校長就任。
1994年 パリ・エトワールにて個展。
1995年 国際文化交流に対し外務大臣表彰。
1999年 勲四等旭日小綬章受章。
2000年 日本工芸会副理事長に就任。
2001年 10月13日逝去、享年75歳。 

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問