検索結果

HOME >> 商品一覧 検索結果 >> 霊感の村より「ラパン」

霊感の村より「ラパン」

モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo)

レジオン・ドヌール勲章 シェヴァリエ章・教育功労勲章

霊感の村より「ラパン」

他の画像を見る

作品名霊感の村より「ラパン」
作家名モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo)
技 法ポショワール(版画)・額装 限定490部 1950年制作 
状 態画寸法 32.0 × 26.0 cm    額寸法 57.4 × 49.8 cm    作品状態良好
備 考売約済

モーリス・ユトリロ (Maurice Utrillo) 経歴

1883年 モーリス・ユトリロ、パリ18区ポトー通り8番地で生まれる。母親は、マリー=クレマンティーヌ・ヴァラドン(シュザンヌ)、父親は不明。
1891年 私生児だったユトリロを、ジャーナリスト、ミゲル・ユトリロ・イ・モルリウスがモーリス・ヴァラドンを息子として認知する。(以後、彼は戸籍にモーリス・ユトリロと記載される)
1897年 オベルヴィリエの小学校を優秀な成績で卒業する。
1898年 コレージュ・ロランに入学するが、中退、職を転々とする。
1901年 アルコール中毒のため、パリのサン=タンヌ病院に入院する。4ヶ月後、モンマニーの家に移り、最初はデッサンから、その後本格的に絵を描き 始める。
1904年 パリのサン=タンヌ精神病院に入院する。5月14日、退院する。6月、最初の入院の後絵画に興味をいだく。
1905年 特にモンマニーとパリのセーヌ河岸を描く。
1908年 印象派(シスレー、ピサロ)の影響を受け、糊や砂とともに石灰石やセメントを黒、ジンクホワイト、イエローオーカー、ウルトラマリン、 マッダレーキといった限られた絵の具に混ぜてマチエールを創る。
1909年 サロン・ドートンヌに「ポン・ノートル・ダム」を出品。
1912年 サノワのルヴェルテガ博士の病院に入院する。以後、入退院を繰り返し ながら作品を描き続ける。
1913年 この頃、ユトリロは作品に最も暖かく最も豊かな色を、色調を変化させ 使っている。すでに「色彩の時代」が始まっていた。
1914年 ホテル・ドゥルオーでの競売会でユトリロの作品が初めて高値で売れる。
1921年  ギャルリー・ベルト・ヴェイユでの個展(モーリス・ユトリロ展)開催以来、数多くの画廊で絵が展示される。
1925年 ユトリロはセルゲイ・ディアギレフのロシア・バレエダンのために舞台装飾をする。
1928年 8月1日、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ章と教育功労勲章を授与される。
1935年 モーリス・ユトリロとリュシー・ヴァロールは民法上の結婚式をあげる。1937年 ポール・ペトリデスがユトリロの作品を扱う画商になる。
1947年 フランシス・カルコの「過ぎし日のモンマルトル」(モンマルトル・ベキュ)のために、22枚のカラーリトグラフ(石版画)を制作。
1955年 アンドレ・モロワの「パリ・キャピタル」のために10枚のリトグラフ(石版画)を制作。パリ市から金メダルを授与される。南仏ダックスで逝去。モンマルトルに埋葬される。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問