奥村 土牛

HOME >> 商品一覧 奥村 土牛 >> 牡丹

牡丹

奥村 土牛

文化勲章・文化功労者・日本美術院理事長

牡丹
作品名牡丹
作家名奥村 土牛
技 法リトグラフ・手彩金砂子
状 態画寸法 40.3 × 31.0 cm                              額寸法 62.9 × 53.9 cm                                       作品状態良好
備 考売約済

他の画像を見る

奥村 土牛 経歴 1889年(明治22年)〜1990年(平成2年)

1889年 東京市京橋区南鞘町(現東京都中央区京橋一丁目)に生まれる。
1900年 城東尋常小学校卒業。
1905年 梶田半古塾に入門。当時塾頭として小林古径がいた(16歳)。
1907年 東京勧業博覧会に「敦盛」が入選。
1920年 この年より約2年間、古径の画室で指導を受ける。
1923年 中央美術社第5回展「家」にて中央美術賞受賞。
1926年 この頃速水御舟に出会う。
1927年 再興第14回院展「胡瓜畑」が初入選(38歳)。
1929年 再興第16回院展で「蓮池」により日本美術院院友に推挙される。
1932年 日本美術院同人。
1935年 帝国美術学校(現武蔵野美術大学)日本画科教授に就任。
1936年 第1回帝国美術展「鴨」で推奨第1位を獲得。
1944年 東京美術学校(現東京藝術大学)講師。
1945年 空襲で家が焼け、長野へ疎開。
1947年 帝国芸術院会員。
1959年 日本美術院理事。
1962年 文化功労者・文化勲章受章。
1978年 日本美術院理事長。
1980年 東京都名誉都民。
1990年 逝去、享年101歳。
1999年 生誕110年展が山種美術館・朝日新聞社主催で開催される。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問