検索結果

HOME >> 商品一覧 検索結果 >> めでたき御殿場の富士

めでたき御殿場の富士

片岡 球子

強烈な色彩と大胆な構図、画面から溢れる「活きる力」

めでたき御殿場の富士
作品名めでたき御殿場の富士
作家名片岡 球子
技 法リトグラフ・本金箔・本金砂子・本プラチ箔使用
状 態画寸法 53.0×45.5cm  額寸法 65.0×58.5cm  作品状態良好
備 考売約済

他の画像を見る

片岡 球子 経歴 1905年(明治38年)〜2008年(平成20年)

1905年 札幌市に生まれる。
1923年 北海道庁立札幌高等女学校師範科卒。日本画家を志す。
1926年 女子美術専門学校(現在の女子美術大学)日本画科高等科卒。横浜市立大岡尋常小学校教論になる。
1930年 第17回日本美術院展に「枇杷」が初入選する。
1946年 第31回院展で「夏」が日本美術院賞を受賞する。
1950年 第35回院展で「剃髪」が日本美術院賞、白寿賞を受賞する。
1952年 第37回院展で「美術部にて」が日本美術院賞、大観賞を受賞する。 院展同人に推挙される。
1955年 大岡小学校を退職する。女子美術大学講師になる。その後、助教授をへて教授となる。
1961年 「渇仰」が昭和35年度文部省買上げ作品となる。第11回芸術選奨文部大臣賞を受賞する。日本美術院評議員に推される。
1972年 個展「富嶽三十六景」がパリで開催され、1ヶ月ほどパリに滞在する。
1975年 「面構 鳥文斎栄之」が第31回日本芸術院恩賜賞を受賞する。
1976年 勲三等端宝章を受章する。
1978年 神奈川県文化章を受章する。
1982年 日本芸術院会員となる。
1986年 文化功労者に叙せられる。
1989年 文化勲章を受章する。
1992年 画行70年片岡球子展が日本橋三越とパリで開催される。
1992年 「片岡球子画集」が求龍堂より刊行される。
1993年 「法隆寺金堂壁画模写」全32面が完成
1996年 愛知県立芸術大学美術学部に愛知県奨学基金として1億円寄贈。
2000年 「熱き挑戦・・片岡球子の全像」展が横浜美術館で開催
2008年 103歳にて逝去。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問