検索結果

HOME >> 商品一覧 検索結果 >> 淺間山

淺間山

梅原 龍三郎

文化勲章・日本芸術院会員・フランス コマンドール勲章

淺間山

他の画像を見る

作品名淺間山
作家名梅原 龍三郎
技 法キャンバス・油彩・額装 10号 東京美術倶楽部鑑定委員会鑑定証書
状 態画寸法 54.8 × 38.6 cm                                    額寸法 82.1 × 65.2 cm                             作品状態良好
備 考売約済

経 歴 1888(明治21)年〜1986(昭和61)年

1888年 京都府京都市下京区に生まれる。生家は染物問屋であった。
京都府立第二中学校(現在の京都府立鳥羽高等学校)を中退し、伊藤快彦の画塾・鍾美会で学んだ後、浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現在の関西美術院)に入る。同時期に安井曾太郎も学んでいた。
1908年 田中喜作(後に美術史家となる)と共にフランスに留学。パリに滞在しアカデミー・ジュリアンに通う。
1909年 ピエール・オーギュスト・ルノワールの指導を受ける機会を得る。
1910年 知人の有島生馬を通じて、雑誌「白樺」にルノワールについて、パリの芸術について寄稿する。
1913年 帰国し、東京神田で個展「梅原良三郎油絵展覧会」を白樺社の主催で開催。この際に白樺社同人の武者小路実篤、志賀直哉、柳宗悦との知遇を得る。
1914年 二科会の設立に関わる。同年、洋画家・亀岡崇の妹艶子と結婚。15年長女紅良(嶋田紅良)、18年長男梅原成四が生まれた。
1920年 再び渡仏する。前年に死去したルノワールの弔問のためでもあった。
1922年 春陽会の設立に参加。その後、春陽会を去る。
1925年 土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、国画創作協会洋画部(第2部と称した)を設置する。
1928年 国画創作協会が解散した際に、洋画部が独立し「国画会」となった。
1935年 帝国美術院会員となる。
1937年 帝国美術院が拡充された帝国芸術院(現日本芸術院)会員となる。
1944年 帝室技芸員、東京美術学校(現:東京藝術大学)教授となる。
1952年 東京藝術大学教授を辞任し、渡欧しヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査 員を務めた。文化勲章受章。
1953年 軽井沢にアトリエを設ける。
1957年 日本芸術院会員を辞任。
1969年 自作を東京国立近代美術館に寄贈する。
1973年 フランス政府よりコマンドール勲章。
1986年 1月16日東京で歿。享年97歳。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問