伊勢崎 淳

HOME >> 商品一覧 伊勢崎 淳 >> 備前 四方削花生

備前 四方削花生

伊勢崎 淳

重要無形文化財(人間国宝)・金重陶陽賞・日本工芸会理事

備前 四方削花生

他の画像を見る

作品名備前 四方削花生
作家名伊勢崎 淳
技 法陶器・共箱
状 態寸法(高×幅×奥)・重量 25.5 × 9.5 × 9.5 cm ・ 2.4kg                     作為状態良好
備 考売約済

経 歴 

1936年 岡山県備前市伊部2207に陶芸家伊勢崎陽山の次男として生まれる。
1959年 岡山大学教育学部特設美術科を卒業と同時に、父・陽山について兄・満と共に作陶生活に入る。
1961年 2月、父死去 5月、兄と共に半地上式穴窯を築窯、初窯をだす。
東京、名古屋、大阪にて二人展開催。
1966年 日本工芸会正会員になる。
1971年 ヨーロッパに巡遊する。
1975年 毎日新聞社主催「備前一千年展」に出品。
1979年 アメリカに巡遊する。
1981年 金重陶陽賞を受賞。
1983年 毎日新聞社主催「第1回全日本伝統工芸選抜展」に招待出品。
1987年 田部美術館「茶の湯の造形展」にて優秀賞受賞。
1989年 神戸商科大学玄関ホールに陶壁を製作。
1996年 山陽新聞賞(文化功労)を受賞。
1997年 「備前焼一千年の伝統美展」に出品(フランス国立陶磁器美術館)。
2002年 新総理官邸の陶壁を製作。
2004年 茨城県立陶芸美術館「備前焼の魅力展」に出品。
重要無形文化財に認定される。
岡山県三木記念賞を受賞。
2005年 岡山県文化賞を受賞。
「備前 土と炎の輝 伊勢崎 淳」出版 山陽新聞社。
2006年 「日本陶芸100年の精華展」に出品 茨城陶芸美術館。
「人間国宝展」出品 NHK各地巡回。
アメリカボストンにて一門展。
後援 ボストン美術館 ハーバード大学 ジャパンソサエティ。
山陽新聞社新社屋玄関ホールに陶壁を製作。 
2007年 イギリス大英博物館「わざの美 伝統工芸の50年展」に出品。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問