河井 寛次郎

HOME >> 商品一覧 河井 寛次郎 >> 飴釉扁壷

飴釉扁壷

河井 寛次郎

ミラノ国際大賞

飴釉扁壷

他の画像を見る

作品名飴釉扁壷
作家名河井 寛次郎
技 法陶器・壷 河井つね箱書署名落款
状 態寸法(高×径)・重量 17.5 × 13.0 ・ 1.0kg                                    作品状態良好
備 考売約済

経歴 1890年(明治23年)〜1966年(昭和41年)

1890年 島根県安来町(現安来市)の大工の家に、父河井大三郎、母ユキの次男として生まれる。
1910年 東京高等工業学校窯業科入学。板谷波山に師事。
1914年 東京高等工業学校窯業科卒業。京都市立陶磁器試験所入所。
1916年 同試験所に浜田庄司が入所。 浜田と共に1万種以上の釉薬の研究、中国陶磁など過去の陶磁の模倣や研究を行う。
1917年 京都市立陶磁器試験所を辞め、五代清水六兵衛の顧問となる。
1920年 京都五条坂の窯を譲り受け「鐘渓窯」と名づける。
1924年 浜田庄司を介し柳宗悦と交流。
1926年 柳宗悦、浜田庄司と「日本民芸美術館」を設立。
1927年 柳宗悦、富本憲吉、浜田庄司、バーナード・リーチ、黒田辰秋と「上賀茂民芸協団」を創立。
1937年 東京駒場に「日本民芸館」開館。
1937年 「鉄辰砂草花図壷」がパリ万国博覧会グランプリ受賞。「土と炎の詩人」と呼ばれる。
1947年 自作の詩「火の誓い」を棟方志功の板画で制作。 随筆「いのちの窓」の陶板を完成させる。
1957年 「白地草花絵扁壷」ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリ受賞。
1961年 富本憲吉、バーナード・リーチ、浜田庄司、河井寛次郎の作品常設用に陶器館を開設。
1966年 11月18日、逝去。67歳。

▲ページのトップに戻る

日本画
洋画
掛軸
版画
彫刻
工芸品
複製画

イメージから作品を選ぶ

季節から選ぶ

春の作品
夏の作品
秋の作品
冬の作品

お部屋から選ぶ

オフィスに合う作品
応接間に合う作品
リビングに合う作品
和室に合う作品

題材から選ぶ

人物
花・植物
風景
静物画

トーキョウアートギャラリー

作品をご自分で選ぶことができます。
アートギャラリーにお越しください。
事前に連絡をいただければ土曜日も開廊いたします。

JR新宿駅東口
徒歩6分

アクセスMAP

オンラインショッピングメニュー

作品の購入のご案内
よくあるご質問